珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。


予約していって中でも予約! キッザニア東京 inららぽーと豊洲 レビュー

      2017/04/21

キッザニア東京 レビュー

 

キッザニア東京の基本情報

 
キッザニア東京のオススメ度は、4.0!
 
【キッザニア東京】
https://www.kidzania.jp/
 
【場所】
アーバンドック ららぽーと豊洲 3F
東京都江東区豊洲2-4-9
 
【アクセス】
東京メトロ有楽町線・豊洲駅から
 
【地図】
http://goo.gl/odfM6w(Google Maps)
 
【料金】
大人 1,950円、中学生 4,800円、小学生 4,700円、園児 4,200円
※上記は休日第一部の料金です(2017年4月現在)。
 詳細は下記参照
 https://www.kidzania.jp/tokyo/admission/index2.html?did=201704212019229813400
 
【駐車場】
30分ごと 300円(2,200台収容)
※最初の 1時間無料。以降 30分ごとに料金がかかります。
※買い物、食事による無料サービスあり
※キッザニアを利用の方は 5時間(第一部)無料サービスあり
 http://toyosu.lalaport.jp/access/car.html
 
【営業日】
不定休
 
【営業時間】
[第1部]9:00 ~ 15:00 (6時間)
[第2部]16:00 ~ 21:00 (5時間)
 営業開始時間の15~30分前に開場します。
 完全入れ替え制です。
 
 


 

キッザニア東京レビュー

 

キッザニア東京はまず予約から

 
キッザニアを利用するにはまず予約をします。
当日券もありますが、当日券を買うためにも並びますし、買えない場合もありますので、前もって予約をしておく方が安心です。
 
人気のレジャー施設ですので、連休の時などは数週間前までに余裕を持って予約をしておく方が安心です。
 
 
また、早く予約することで割引になる「早割」もあるようです。
 
 
キッザニアは第1部、第2部の 2部構成で、完全入れ替え制ですので、どちらがいいかを決めてから予約をしましょう。
第2部の終了は 21時になってしまいますので、子どもが小さい場合は第2部の方を選択するのはなかなか難しいと思いますが。
 
 


 

中のアトラクションも予約を取る必要がある

 
入場は、15分~30分ほど前から始まります。
ですが、アトラクションの開始は営業時間きっちりから始まります。
 
そして、アトラクションの開始する営業時間が始まる頃にはほぼほぼ列は解消され、最後の方に並んでいても営業時間が始まる頃にはおおよそ入場できるような感じです。
そもそも入場できる人数が決まっていて、それにあわせて予約するわけですから。
 
だったら、アトラクションが始まる時間に、もしくは、少しがんばって入場が始まる時間くらいに着けばいい。そう考えたくなりますが、それでは遅いのです!
 
なぜなら、各アトラクションを体験するには、入場してから各アトラクションの予約の列に並んで、予約を取る必要があるのです!
 
そのためには、なんと! 開場の 2時間以上も前から並び始めるのだそうです!!!
 
一番人気のアトラクションに予約を入れるには始発電車で向かうくらいの突進力が必要なようです...
ある意味、ディズニーランドより真剣さが求められるようですね。
 
 

当日早く行って並ぶ意義

 
キッザニアの開場前には長蛇の列が出来ています。
 
ららぽーとにはよく行っていましたので、いつもその列を見て何で並ぶんだろう?と疑問に思っていましたが、実際に行ってみてその疑問が解けました。
 
それは、上にも書きましたが、キッザニアに入場するだけならわざわざ並ばなくても大体時間になれば列は解消しますので、そんなに急ぐ必要はないのです。
 
ですが!!
それでは人気のアトラクションを体験することは出来なくなります。
 
 
キッザニアのシステムは、入場するための予約は、施設自体に入場できる人数を制限するために行われているものですので、施設に入場するための予約が取れれば安心して入場することが出来ます。
 
ですが、各アトラクションを体験するためには、入場後に各アトラクションに並んで、アトラクションごとの予約を取る必要があるのです。
 
この予約にも 1日に予約を受け付ける上限があるため、人気のアトラクションは、入場開始と同時に怒濤のごとく走っていき、予約の列に並ぶ必要があるわけです。
例えば、1回の体験で 45分時間(準備、片づけも含めて)がかかり、1回 10人ずつのアトラクションがあったとすると、一部の場合 6時間ですので、80人しかそのアトラクションは体験できない、と言うことになるわけです。
 
1回あたり 45分以上かかる、もしくは、1回あたり 10人より少ない人数しか参加できない、と言うアトラクションの場合は、体験できる人数はもっと少ないと言うことになりますので、予約を取る必死さが増加していくのです。
 
 
一番人気のハイチューを作るアトラクションは、まさに瞬殺です。
会場前の列の前からハイチューの予約が埋まっていく感じで、入場前の列の順番で予約が取れるか取れないかがすでに分かっている、と言うくらいな感じです...
 
 
ちなみに、予約は、1つのアトラクションにしか入れることが出来ません。
1つのアトラクションに予約を入れている場合は、その予約のアトラクションが終わるまで次の予約を入れられないようになっていますので、人気のアトラクションに予約を入れた場合は、それが終わるまで予約が入れられずに待つ時間が長くなる、と言う状況が生まれます。
 
ちなみに、予約をしなくても列に並べば体験できるアトラクションも多くありますので、予約を持っている場合は、それまで列に並べば体験できるアトラクションを楽しみながら予約が来るまで待つような感じになります。
 
 
ただ、人気のアトラクションに突進して予約を取ろう!と言う状況になっている方は、予約しなくても体験できるアトラクションはすでに体験されているんだとは思いますが...
 
 
ちなみに、予約数が普通な感じのアトラクションに予約したり、列に並んだりしながらアトラクションを体験していくと、大体 5件~6件くらいのアトラクションを体験できるくらいが平均的な感じのようです。
 
 

まずは三井住友銀行で口座を作る

 
まずは、三井住友銀行に行って口座を作りましょう。
 
アトラクションが終わると、キッザニアの中で使える「キッザ」というお金をもらえます。
これを普通のお財布に入れて置いても悪くはないんですけども、キッザニアにも三井住友銀行がありまして、キッザニアの中だけで使えるキッザを預金する口座を作ってくれて、お財布をプレゼントしてくれますので、1つアトラクションを体験してキッザをもらったら、次は三井住友銀行に行って口座を作るといいでしょう。
 
 
20140923_rev02_キッザニア東京
 

キッザニア東京の交通事情

基本情報にも書いていますが、キッザニア東京はららぽーと豊洲の中に入っていまして、駐車場の利用はららぽーとの駐車場を利用します。
キッザニアに来場したお客さんに対する駐車場の無料サービスは、第一部で 6時間、第二部で 5時間となっています(最初の無料 1時間含む)。
 
また、ららぽーとのポイントカードを持っていると、さらに駐車場 1時間無料サービスがありますので、キッザニアの利用時間+1時間の駐車場が無料になる計算です。
 
ただ、前もって列に並ぶ時間や帰りも時間ギリギリまで会場内にいることなどを考慮すると、駐車場無料で利用するのはやや難しいでしょう。
 
 
また、公共交通機関で行く場合は、東京メトロ有楽町線の豊洲駅が最寄りの駅になります。
駅から徒歩 5分くらいですので、地下鉄で行っても何の問題もない場所です。
 
 


  

キッザニア東京を利用する年齢に関して

 
キッザニアは 3歳から利用できますが、大人の人と会話が普通に出来、仕事をするという理解が出来る小学校入学以降の方がいいと感じました。
 
一般的に小学校低学年の間は、男の子の方が成長が遅いと言われていますので、男の子であれば小学校1年生の後半か、2年生になってからの方がいいのかもしれない、と思うくらいです。
 
幼稚園児も多数参加してはいますが、果たして楽しめているのだろうか?と疑問に思ってしまいますね。
まぁ、子供は子供なりに楽しんではいるでしょうけども。
 
そんなわけで、子供が仕事を体験しながら楽しく学ぶ、って言うことで考えると小学校に入ってからの方がいいでしょう。
 
 

食事について

 
食事はキッザニアの中にも食事をするところが何カ所もありますので、食事をする場所に困ることはありません。
座る場所も全然座れない、と言うこともなく、タイミングが悪ければ席が空いていない場合もありますが、まぁ、5分程度待っていればどこかしら場所が空くと行った感じです。
 
ただ、第1部の場合は、ららぽーとの他の店舗はまだ開店前のため、食事を提供しているところはありません。
そのため、事前にコンビニなどで食べ物を買って持ち込むか、キッザニアに入ってから中の店舗で食べ物を買うか、と言った感じになるでしょう。
 
車で移動される方は車内で朝食を取るのもいいのではないでしょうか。
 
 


 
 

中ではほとんどお金は使いません

 
キッザニアの園内ではほとんどお金は使いません。
もちろん、食事をする際にはお金は必要ですが、それ以外ではお金を使う機会はほとんどないでしょう。
室内ですので、夏休み中であっても暑くて飲み物をがぶ飲みしなくちゃ、と言う感じは全くありませんので、快適に遊べます。
 
その点は、ディズニーランドとはちょっと趣は違うでしょうね。
 
 
これは東京ガスのアトラクション
20140923_rev03_キッザニア東京
 

持っていった方がいいようなもの

 
持っていった方がいいものは特にありません。

 - お出かけ先レビュー

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド

2012年10月にリニューアルされたリニューアル後のららぽーと豊洲のアドベンチャーランドのページへのリンクも書いています。料金情報も書いています。 

横浜フィッシングピアーズの磯子、大黒ふ頭、本牧ふ頭の釣果と施設の比較のまとめ

横浜フィッシングピアーズの海づり施設は3ヵ所。どんな特徴がありどこに行くと一番満足できるのかを比較。釣果情報もエクセルにまとめいつ何が釣れたのかも一覧可能。

no image
カップヌードルミュージアム・レビュー

 

no image
日本科学未来館・デジタルコンテンツエキスポ・レビュー

 

国営昭和記念公園のレンタサイクルを借りるには開園時間に並ぶ必要がある?
国営昭和記念公園のレンタサイクルを借りるには開園時間に並ぶ必要がある?

昭和記念公園は広いのでレンタサイクルが用意されている。でも、西立川口のレンタサイクルの競争率は高い。何時に行けば借りられるのかを確認してみた。ハイシーズンは開園時間を目指す必要がある。

パスタが絶品!ガラスの森美術館・ベネチア調の庭園・バリアフリーゼロ

子供向けの施設ではありませんが子供が楽しめるスタンプラリーもあり女の子なら楽しめるでしょう。レストランのパスタは美味しいので行くなら食べてみる価値があります。

国営海の中道海浜公園サンシャインプール・西鉄バス・割引チケット情報も・2016年追記あり

サンシャインプールの駐車場、西鉄バス・臨時バス、プール、割引チケットのレビュー。車も楽ですが西鉄バスならプールの入口まで直接行けるので非常に便利。

パナソニックセンター東京はリスーピア、任天堂ゲームフロントが!駐車場情報も

パナソニックセンター東京の施設レビュー   パナソニックセンター東京の基本情報 …

ボーネルンドあそびのせかい・キドキドグランツリー武蔵小杉店は冬でも雨でも遊べる武蔵小杉の屋内レジャー施設

ボーネルンド社が提供する屋内型の子どもが思いっきり身体を動かして遊ぶレジャー施設キドキド。屋内型なので真夏でも真冬でも雨が降っていても気にせず遊べる。

靖国神社の宝物館・博物館の遊就館は幕末から太平洋戦争までの戦争資料館
靖国神社の宝物館・博物館の遊就館は幕末から太平洋戦争までの戦争資料館

靖国神社の宝物館、博物館である遊就館。江戸幕府の幕末から開国、欧米列強との戦い、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と続く戦争の歴史の資料館。