珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。


ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド・リニューアル後

      2017/04/21

ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランドのオススメ度は、2.5!

 

ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランドの基本情報

 
【ららぽーと豊洲】
http://toyosu.lalaport.jp/
 
【ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド】
http://toyosu.lalaport.jp/shopguide/10070647_9236.html
 
【場所】
アーバンドック ららぽーと豊洲 1F
 東京都江東区豊洲2-4-9
 
【地図】
http://goo.gl/jRcg1C(Google Maps)
 
【料金】
子供 30分 500円。以降、10分ごとに 100円。
大人 時間関係なく 100円。
※必ず保護者同伴(18才以上の方)
※2017年02月04日の時点でも変わりはありません。
 
【対象年齢】
0才~8才(小学校 2年生以下)
 
【駐車場:】
1時間無料。以降 30分ごとに 300円。(普通車 2,200台収容)
※お買いあげごとに 3時間まで無料に。
 http://toyosu.lalaport.jp/access/car.html
 
【開場時間】
10:00~21:00
 
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド_rev03
 
 

アドベンチャーアイランドは 2012年10月リニューアル

 
ららぽーと豊洲は、2012年10月に大規模リニューアルされました。
それに伴い、現在は 1階のフードコートの一角に引越しとなっています。
 
アドベンチャーアイランドは、元々は中庭に面した一角に専用ルールを設けて存在していましたが、2012年のリニューアルで引っ越しした際に、フードコートの一角に移動してきて、フードコートの一つのコーナーのような感じになりました。
 
下記の画像の左側がフードコートで、すぐ横はケンタッキーフライドチキンになっています。
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド_rev02
 
 

アドベンチャーアイランドは小さくなった

 
もともとはアドベンチャーアイランド専用の部屋が存在していましたので、ターザンのようにぶら下がってスライドする遊具や、グルグル回る遊具などそれなりに遊び道具も充実していましたが、リニューアルをしたことに合わせて狭くなり、動く遊具はなくなりやや残念感が増したような感じがします。動く遊具の代わりにトランポリンが新設されてはいます。
 
イオンやイトーヨーカドーなどの大型ショッピングセンターのゲームコーナーの一角にあるような遊び場に比べてもやや小ささを感じますし、もう少しゆったりした広さがあった方がいいんじゃないか、と感じます。
 
以前もショッピングセンターの遊び場と同様、買い物に来て買い物をしている間に子供を遊ばせる場所、と言う感じでしたが、ますますわざわざここに遊びに来るために行くような場所とはちょっと違う感じが強くなりましたね。
 
また、対象年齢は小学生 2年生以下、と書いてはありますが、以前より狭くなりましたので、小学生が思いっきり遊べるような感じではなくなりましたね。
幼稚園児、もしくは、幼稚園児より小さい子供が遊ぶような場所と考えるべきところでしょうね。
 
家が近所で冬の雨の日などで、幼稚園のお子さんが遊ぶ場所をと言うことであれば、まぁ仕方がないかな、と言う感じでしょうか。
 
 
 

アドベンチャーアイランドがフードコートに来てよくなった点

 
以前のアドベンチャーアイランドは専用の部屋でしたので、子供の様子を見ようと思うと、付き添い料金を払って中にはいるしかなかったわけですが、現在は、フードコートの一角にありますので、子供はそこで遊ばせつつ、親はフードコートで食事をしながら時々様子を見に行く、と言うことも簡単に出来るようになりました。
 
もちろん、付き添いとして大人一人は必ず必要ですので、子供一人で遊ばせることはできませんけども。
 
 
10_ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド
 

ららぽーとの駐車場

 
駐車場は、ららぽーとと同じで専用の駐車場などはありません。
 
最初の 1時間が無料で、その後 30分ごとに 300円の駐車場料金が発声します。
また、買い物、飲食で 2,000円以上の利用で 1時間追加で無料、3,000円以上の利用で 2時間無料になります。
 
また、ららぽーとはポイントカードを持っていると、駐車場が追加で 1時間無料になるため、2回目以降行く可能性がある場合は、無料作成できるポイントカードを作っておくといいでしょう。
 
 

ららぽーと豊洲とガスの科学館と豊洲公園

 
ららぽーと豊洲にはよく行きますので、ららぽーと豊洲、豊洲公園、ガスの科学館と何度となく記事を書いていますので、周りはこんな感じ、と言う事で合わせて参考にしてください!
 
ガスの科学館・がすてな~には豊洲にある東京ガスのミュージアム。駐車場情報も。
ららぽーと豊洲とガスの科学館に隣接する江東区立豊洲公園&都立春海橋公園
「がすってな~に?」ガスの科学館・レビュー
ららぽーと豊洲...の南側にある区立豊洲公園
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド

 - お出かけ先レビュー

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

足柄SA(サービスエリア)のレストイン時之栖・足柄金時湯は東京に一番近いSAの温泉

東名高速上り線の足柄サービスエリアにあるレストイン時之栖・足柄金時湯。SAで入れる貴重な温泉。全般に狭くて熱くて子供には辛いのでわざわざ目指さなくてもいい感じ。

01_みさきまぐろきっぷは三崎口、三崎港、城ケ島、油壷マリンパークに行くときに最適
みさきまぐろきっぷは三崎口、三崎港、城ケ島、油壷マリンパークに行くときに最適

京急が提供するみさきまぐろきっぷを使って三崎口までマグロを食べに!3,000円で往復の切符、バスのフリーパス、マグロの食事券、レジャーチケットが!1日遊んでお腹いっぱいになる大満足の切符!

国営昭和記念公園・レインボープール2018年版・駐車場事情、前売り割引チケットの効果
レインボープールin昭和記念公園・2018年版・駐車場事情と前売り割引券の効果

2018年のレインボープール最新情報!2018年はチケットを持っている人の列からしか入園できなくなった。なので前売り券を購入するのが必須に。前売り券はコンビニで買おう!

昭和記念公園のレインボープール2016年駐車場情報と割引チケット情報

昭和記念公園のレインボープールの2016年版のレビュー。2015年までとの違いを中心にレビュー。新たにウォータースライダーや西立川口のからくり装置等を追加。

01_マホロバマインズ三浦・日帰り温泉は大浴場・女性に優しい露天風呂も
マホロバマインズ三浦で日帰り入浴・温泉は大浴場で女性に優しく露天風呂も

みさきまぐろきっぷを使って遊んだ後にマホロバマインズ三浦の温泉に行くのはいかが?三浦海岸駅から徒歩5分の立地や飲食店も豊富にあります。遊んだ後に途中下車する価値はありますよ!

no image
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド

2012年10月にリニューアルされたリニューアル後のららぽーと豊洲のアドベンチャーランドのページへのリンクも書いています。料金情報も書いています。 

箱根山の今を突撃ルポ!妻の制止を振切り箱根山の山頂まで登ってみた!

箱根山の噴火につながるとも考えられる異変の報道が連日なされる中、私は箱根山への登頂を決意する。その登頂ルポをお届けする。果たして登頂成功なるかっ!!

すみだ水族館は都市型水族館でペンギン水槽が人気。駐車場はあるが電車が便利

東京スカイツリーがあるソラマチにあるすみだ水族館。都市型のコンパクトな水族館ですが、特徴ある展示内容で家族連れでもデートでも楽しめる施設です。

西富士オートキャンプ場のカブトムシ、売店、レンタル品、無料温泉のレポート

西富士オートキャンプ場のバンガロー泊のレポート。無料温泉の予約方法やカブトムシの山、売店、レンタル品、川遊び、コインシャワーなど写真付きでレポートしてます。

レインボープールin昭和記念公園・2019年版・駐車場事情と前売り割引券の効果
レインボープールin昭和記念公園・2019年版・駐車場事情と前売り割引券の効果

2019年の昭和記念公園のレインボープールレビュー。昨年と違う点はプール内でのスマホ、デジカメでの撮影が明確に禁止に。インスタ映えを狙った撮影は全く出来なくいので注意が必要。