珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。

横浜 こどもの国レビュー

      2016/10/26

横浜のこどもの国のオススメ度は、4.0!
 
 こどもの国
 http://www.kodomonokuni.org/
 
 場所:横浜市青葉区奈良町700
    田園都市線「長津田駅」から
    こどもの国線に乗り換え「こどもの国駅」から徒歩 2分
    東名高速「横浜青葉IC」「横浜町田IC」からそれぞれ車で 20分
 
 料金:大人・高校生 600円、小中学生 200円、幼児(3歳以上) 100円、3歳未満 無料
 
 駐車場:1日 900円(1,700台収容)
 
 開場時間:9:30~16:30(入園は 15:30まで)
 
 休園日:水曜日
 
 
11月の季候のいい日でしたので、外で思いっきり遊べる場所、と言うことでこどもの国を選んでみました。
 
場所は、東名・横浜青葉ICから 20分くらい。
早めに出かけるつもりでしたが、準備に手間取り、自宅を出たのが 12時少し前でしたのでかなりの混雑を予想してはいましたが、特に渋滞している感じではなく、1時間半くらいで到着できました。
途中で道を間違えたり、お昼ご飯を買うためにコンビニによったりしましたので、実質 1時間かからないくらいで着くでしょう。
 
駐車場は、正面駐車場が満車になっていましたが、臨時の牧場口駐車場が開いており、そちらに誘導されてそちらに止めると言う状況でしたが、満車で入れないと言うことは全然ありませんでしたね。
駐車場の入り口で料金を払う列は出来ていましたが、駐車場の待ち時間は 5分程度でしょうか。
 
 
園内はそれぞれのエリアごとに違う遊具が設置されていて、どこか一カ所で集中して遊んでもいいですし、あちこち巡りながら遊んでもいい、と言う感じでしたね。
 
娘が気に入っていたのは下記のジャングルジム。
http://www.kodomonokuni.org/komap_1/kyatoru.html
箱の中も迷路になっていて、箱の壁を登ったり降りたりしながら箱の中で遊ぶというもので、子供にとっては冒険をしている感じが楽しいようでしたね。
 
もう一つ喜んでいたのがすべり台。
http://www.kodomonokuni.org/komap_1/suberidai.html
説明のページにも書かれていますが、横浜一長いすべり台で、ここも楽しかったようですね。
ここが楽しかった理由としては、たまたま並んでいたときに後ろに並んでいたのがちょうど同い年の女の子で、その子と仲良くなったこともあって楽しく滑れたようでしたね。
ただ、人気のすべり台ということもあり、滑るのに 15分くらい列に並ぶ必要があるので注意が必要ですね。
 
また、牧場エリアもあって、ポニーに乗ったり、動物にふれあってえさをあげたりすることも出来るようになっていますので、公園と動物園と両方に行ったような楽しさがあるでしょう。
ポニーに乗るのは、1人で乗ると 350円。親子 2人で乗ると 700円。親子で乗ると 700円という値段設定のせいでしょうが、親子で乗るほうは並ばずにすぐに乗れましたね。せめて、親子で乗ると 500円くらいじゃないとサービス内容としては釣り合わないでしょうね。
 
飲み物の自動販売機はあちこちにあり、値段も園外と変わりませんので、わざわざ外で買ってから入る必要はありませんが、レストランは 1箇所しかないためお弁当は用意してから行く方がいいでしょう。
 
近くにコンビニが数軒ありましたが、僕たちがいった 12時半頃にはコンビニのお弁当、パンなどはほとんど売り切れていましたので、こどもの国近くのコンビニはアテしない方がいいでしょう。
ただ、近くにスーパーもあるようですので、そこを目指すのも一つかもしれません。(立ち寄っていませんので、状況は分かりませんが...)
 
 
ちなみに、こどもの国は、昭和記念公園と非常に似ていて、どちらも同じように自然の中にある公園で、こどもが思いっきり楽しめて非常にステキな場所です。
また、我が家からはどちらもほぼ同じ距離に位置するため、これまたどちらに行こうかと迷う場所になりましたね。
 
なので、比較してしまいがちですが、それぞれ一長一短ですね。
 
こどもの国にあって昭和記念公園にないものは、動物とふれあえる牧場エリア。
逆にこどもの国にないものは、美味しい食べ物。
と言った感じでしょうか。
 
まぁ、親にとっては美味しい食べ物は魅力的ですけども、こどもにとっては...ねぇ。
 
 
あと、昭和記念公園の一番のデメリットは、行く途中の中央高速が混むことです。
東名高速は妻の実家に行くときによく使いますが、渋滞していた記憶はお盆の時期くらいのもので、混んでいるイメージがほとんどないのですが、中央高速はいつも混んでいるイメージがあります。
なので、車を運転するものとしては、行く先を選ぶときにこの点は大きく影響をする部分ですね。
 
 
2015.07.22 追記
 
2015年05月に改めてこどもの国に行きまして、レビュー記事を書きました。
下記の 2記事もあわせて参考にしてみて下さい。
 
横浜こどもの国・駐車場はかなり十分・1日で遊び尽くせない充実度
横浜こどもの国・牧場も子供動物園も。青葉台駅からバスも。弾薬庫跡も
 
 

フィールドアスレチック横浜つくし野も近い!

 
「こどもの国」からほど近い位置に「フィールドアスレチック横浜つくし野」というアスレチック施設があります。
小学生 2年生~6年生くらいが適正かなぁ、という感じなので、こどもの国より少し年齢層が上なのかもしれませんが、こちらもオススメのスポットですね。
 フィールドアスレチック横浜つくし野は1日遊べる!・駐車場は無料・おススメアクセス方法も
 
※2016/06/15 追記

 - お出かけ先レビュー

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

「なるさわ富士山博物館」がある「道の駅なるさわ」

中央道の河口湖ICを降りてすぐにある道の駅なるさわの紹介。天気が良ければ目の前に雄大な富士山を望める場所で食事と休憩ができ、無料の富士山博物館もあります。

ペルセウス流星群を東京都内の新宿区戸山公園の箱根山で天体観測できるか、実際に行って見た
ペルセウス流星群を東京都内の新宿区戸山公園の箱根山で天体観測できるか、実際に行って見た

ペルセウス流星群を観測する場所を都内で探す。新宿区の都立戸山公園にある山手線内の最高峰箱根山に登ってみた。十分に暗さがありて時かな観測場所になりうる。

01_みさきまぐろきっぷは三崎口、三崎港、城ケ島、油壷マリンパークに行くときに最適
みさきまぐろきっぷは三崎口、三崎港、城ケ島、油壷マリンパークに行くときに最適

京急が提供するみさきまぐろきっぷを使って三崎口までマグロを食べに!3,000円で往復の切符、バスのフリーパス、マグロの食事券、レジャーチケットが!1日遊んでお腹いっぱいになる大満足の切符!

no image
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド

2012年10月にリニューアルされたリニューアル後のららぽーと豊洲のアドベンチャーランドのページへのリンクも書いています。料金情報も書いています。 

うんこミュージアム YOKOHAMAのうんこシャウトで高得点を出すコツを紹介
うんこミュージアム YOKOHAMAのうんこシャウトで高得点を出すコツを紹介

うんこミュージアムに行ってきた!土日は1ヶ月先の予約も埋まってしまうほどの人気がある。うんこフォトセッション、うんこミラーハウス、うんこシャウト、うんこイラスト。

リスーピアはパナソニック提供の理科と数学のミュージアム。駐車場情報もあるよ!

理科や数学の法則を基にしたゲームを体験したり、携帯情報端末の音声解説を聞きながら理科や数学の知識や興味を高めていくミュージアム。有料コーナーは超オススメ!

新宿区立新宿中央公園のフットサルコートは西新宿唯一

東京都庁の西側に隣接する公園。新宿区立の最大の公園(区内で4番目に大きな緑地)の広さを活かして西新宿で唯一となるフットサルコートが設置されています。

no image
よこはま動物園ズーラシア・レビュー

 

フォレストアドベンチャー箱根は大人も楽しめるアスレチック。箱根の新名所

フォレストアドベンチャーという木々の中に設置されたアスレチックです。子供用のコースもありますが、大人が楽しむために子どもと一緒に行く感じのアトラクションです。

すみだ水族館は都市型水族館でペンギン水槽が人気。駐車場はあるが電車が便利

東京スカイツリーがあるソラマチにあるすみだ水族館。都市型のコンパクトな水族館ですが、特徴ある展示内容で家族連れでもデートでも楽しめる施設です。