珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。


伊豆高原のふれあい動物園伊豆シャボテン公園はサボテンだけじゃない!1日遊べる

      2016/10/26

伊豆高原のふれあい動物園 伊豆シャボテン公園

 
伊豆高原のふれあい動物園 伊豆シャボテン公園のオススメ度は 3.5!
 
 伊豆高原のふれあい動物園 伊豆シャボテン公園
  http://izushaboten.com/
 
 場所:伊豆急行線 伊豆高原駅から タクシーで 10分
    JR伊東線 伊東駅から タクシーで 25分
 
 地図:https://goo.gl/maps/n2p1rq6VHBD2(Google Maps)
 
 料金:大人(中学生以上) 2,300円
    小学生       1,100円
    幼児(4歳以上)    400円
 
 駐車場:乗用車  500円(200台)
     バス  1,000円(18台)
 
 営業時間:09:00~17:00(3月~10月)
      09:00~16:00(11月~2月)
 
 休館日:年中無休
 
 

伊豆高原のふれあい動物園 伊豆シャボテン公園 レビュー

 

伊豆高原のふれあい動物園 伊豆シャボテン公園はこんなとこ

 
伊豆高原の高台にある動物にふれあえる動物園とサボテンを中心とした植物園が融合したレジャー施設です。
 
サボテンの植物園は珍しいと思いますが、動物園としては取り立てて珍しい感じはしませんね。
 
でも、放し飼いにされている動物も多くて、こんな感じでカピバラに触れることができる動物園はそうそうないですし
20160617_伊豆シャボテン公園_rev02
 
こんな感じで目の前でクジャクが羽を広げているところを見られることもそうそうないんじゃないかと思います。(奥のピラミッドみたいなのはサボテンの温室です。)
20160617_伊豆シャボテン公園_rev03
 
植物園は子供にとってはあんまり面白いものではない可能性がありますけども、動物の放し飼いは子供にとって面白いようでしたね。
 
元々うちの子供は動物好きですけども、檻の中にいる珍しい動物を見るよりも、珍しくなくても抱っこできたり、なでなでできたりする方が楽しいようですね。
 
まぁ、子供にとってみては、世の中的に珍しい動物かどうかなんて関係ないですからね。たとえ身近な動物であっても、日頃動物にふれあう機会は限られていますからね。
 
 
【伊豆シャボテン公園 園内全景】
入場口のメインゲートをくぐった先にある「太陽の広場」近くのちょっと高くなったところから園内が見渡せるのですが、そこからパノラマで撮った写真です。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev04
 
20160617_伊豆シャボテン公園_rev05
 
写真からだとよく分からないんですが、園内は起伏に富んでいて、かなり広いですね。
動物を見たり、えさをあげたり、ショーを見たり。シャボテンを見たり、お土産を買ったり...見ることもやることも満載で、1日遊んでいられますね。
 
東京から行こうとすると、あちこちで渋滞にはまったりして、午前中のうちに到着することは難しいんじゃないかと思うわけですが、やっぱり午前中から見て回らないと、かなりもったいない感じがしますね。
 
また、園内には洋食、和食、中華、パンなどバリエーション豊かなレストランがありますので、食事の心配も要らないですね。
 
 

クジャクが羽を広げる姿を見たい時のまとめ

 
このブログを書くためにクジャクが羽を広げる時期などを調べてみました。
まとめると以下のような感じです。
 

  • クジャクのキレイな羽をしているのはオスのクジャク
  • 羽を広げるのはメスに求愛をするため
  • 求愛行動なのでメスが近くにいないと広げない
  • 求愛の時期は 3月~6月頃(メスの産卵期もその時期)
  • 晴れた日の午前中と夕方に広げることが多い
  • 求愛時期が過ぎると羽は一度抜け落ちる(繁殖期以外は飾り羽がない)

 
と、いうことで、春休みからゴールデンウィークの時期はベストタイミングだっていうことが分かりました!
しかも、閉園時間(17時)ぎりぎりまで園内で遊んでいましたので、それも良かったってことですね。
 
【羽を広げたところの後ろから】
なんだか見てはいけないものを見ているような気分に...
20160617_伊豆シャボテン公園_rev06
 
 

伊豆シャボテン公園で見られる動物の一部

 
写真で見ると密集しているっていうことが分かるんですが、ぱっと見た感じだとただの岩のように見えましたね。
どこにいるんだろう?と思ってよくよく見ると「うぁ、何匹いるんだ?」っていうくらいいっぱいいました(笑)。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev07
 
こちらは放し飼いにしていたら危険な感じがするヤマアラシです。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev08
 
20160617_伊豆シャボテン公園_rev09
 
集団でひなたぼっこをしているワオキツネザル。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev10
 
サボテンの温室の中にいるフクロウ。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev11
 
こんな感じで動物のエサを売っている場所もあって、動物にエサやりもできるのも子供には楽しいようですね。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev12
 
もちろん全然紹介しきれないくらいもっといろんな種類の動物がいましたね。
 
 

シャボテン公園のメイン施設の一つ サボテンの温室

 

サボテンの温室入り口

遠くからもひときわ目立つこの「怪鳥」のオブジェがサボテンの温室の入り口です。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev13
 
中は大きく 5つのエリアに分かれていて、それぞれに地域ごとのサボテンがこんな感じでサボテンがいっぱい栽培されています。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev14
 
20160617_伊豆シャボテン公園_rev15
 
中には「瑠璃塔」という「サボテン」ではない多肉植物もあります。ただ、何がどうサボテンではないのかがよく分かりませんが...
20160617_伊豆シャボテン公園_rev16
 
これもいかにもサボテンらしいサボテンですね。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev17
 
20160617_伊豆シャボテン公園_rev18
 
サボテンのひな段もありました。ほんとに多彩なサボテンを見ることができます。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev19
 
 

シャボテン公園のメインのお土産 シャボテン狩り工房

 
シャボテン公園に行くなら是非ともお土産として、このシャボテン狩りをオススメしたいですね。
 
写真のような感じで、サボテンが並んでいるわけですが、その中から好きなシャボテンを選んで、一つの鉢にアレンジして植えてもらう、と言うお土産です。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev20
 
種類や大きさによって値段が違いますので、予算と好みで選んでいきます。
つぼみがいっぱいある方が長い間楽しめそうですね。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev21
 
20160617_伊豆シャボテン公園_rev22
 
さらに、鉢を選んで、店員さんに渡すと、いい感じで鉢にアレンジしてくれます。
 
鉢の種類も大きなものから小さなものまで、カラフルなものからシンプルなものまで、いろいろな種類がありますので、どんなイメージにするかはあなた次第!
カラーアレンジ用の色が付いた砂をかけることもできまして、花も含めてトータルコーディネートができて自分だけのサボテンの鉢植えができあがります。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev23
 
上の写真は、買ってきてから 3週間くらい経っている写真ですけども、どちらのサボテンも次々に新しい花が咲くので、1ヶ月~1ヶ月半ほど花が咲いているのが楽しめました。
 
特に、右側のサボテンは、毎日違ったところから花が咲くので、子供は毎日楽しそうに観察してましたね。
 
ちなみに、これで 2,500円くらいです。
 
 

シャボテン公園のオススメのお土産 カピバラ工房

 
カピバラ工房は、素焼きの動物の型に色を塗るというシンプルなお土産です。
 
娘は工作が好きなので、こんな感じの造ったり、色を塗ったり、って言うことが大好きなので、見たら間違いなく食いつくだろうなぁ、と思っていましたが、案の定、食いつきました。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev24
 
「カピバラ虹の広場」の中にある建物の中にあるのですが、素焼きの動物の焼き物に自由に色を付ける、と言うお土産です。
 
下記がサンプルとしておいてあるものです。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev25
 
で、我が家の 3人が造った作品です。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev26
 
このお土産、非常に良くできた仕組みだと思いますね。
特に売り子さんがいるわけではなく、素焼きの動物の型と、両替機、料金ボックス、色を塗るためのポスカ(油性ペン)をおいておくだけで、お客さんが勝手にお金を払ってくれて、勝手に満足してくれる、っていう!
 
大した費用もかけずに売り上げが上がるという素晴らしい仕組みですね。
しかも、他の動物園や植物園でもすぐにでも取り入れられる仕組みですからね。
 
なんならディズニーランドでも可能ですね(笑)。
 
ちなみに、動物の型は、カピバラ、アルパカ、ウマ、ブタ、ゴリラとありました。
そのうちの、カピバラ 2体とウマ 1体ですね。
 
 

シャボテン公園のその他

 
【シャボテン公園のメインゲート】
20160617_伊豆シャボテン公園_rev27
 
ちなみに、放し飼いにされているクジャクが駐車場まで出てきていましたね。
逃げ出したりしないのだろうか、とも思いましたが、しばらくして園内に戻っていきましたので、逃げたりはしないんでしょうねぇ。
 
 
【ロックガーデン シャボテン】
温室以外でもロックガーデンのエリアにもシャボテンがあります。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev28
 
【ロックガーデン 石像】
ロックガーデンにはシャボテンの他に、巨大な石像もあり中南米辺りの雰囲気を作り出しています。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev29
 
【カピバラの湯】
他の施設で割引を受けるときになどに使う、カピバラの湯の巨大なオブジェ。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev30
 
【駐車場にある展望台】
シャボテン公園は、高台の上にありまして、駐車場の端っこにはその高台を利用した展望台が設置してあります。
非常に見晴らしがいい場所ですね。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev31
 
【伊豆ぐらんぱる公園】
展望台からは、シャボテン公園と同じ「伊豆シャボテン公園グループ」の施設である「伊豆ぐらんぱる公園」も見えます。
同じグループなので、シャボテン公園のチケットを買うと 15% Offの割引券が付いてきます。
20160617_伊豆シャボテン公園_rev32
 
 

シャボテン公園の割引チケット

 
シャボテン公園は「伊豆シャボテン公園グループ」の施設です。
なので、同じグループ内の施設に行くと割引チケットがもらえるでしょう。
 
また、下記のオフィシャルサイトの「料金」のページからは割引クーポンをゲットすることができます。
 http://izushaboten.com/information/price.html
 
シャボテン公園で 1人 250円引きなので、10.9% Offになります。
 
その他、行きの高速のサービスエリアで買った下記の「まっぷる」には 20% OFFの広告が付いていましたね。


 
 

シャボテン公園の交通事情 駐車場情報

 
シャボテン公園は、公共交通機関だけで行くにはちょっとつらいものがありますね。
「伊東駅」や「伊豆高原駅」からバスかタクシーで行く方法もありますが、やっぱり車の方が便利ですね。
 
ただ、東京から移動するには途中の渋滞を覚悟しないといけないので、伊豆辺りまでは電車で行って、そこでレンタカーを借りる、と言う方が一番賢い方法だと思いますね。
 
また、東京から車で移動するにしても、西湘バイパス、国道 135号を通ってくるルートは一番渋滞にはまる可能性が高いので、避けるべきでしょうね。
今回はそのルートで行ってしまったので、シャボテン公園に着くまでに 6時間かかってしまいました。
 
オフィシャルサイトにも来るまで来るなら、箱根芦ノ湖スカイライン、伊豆スカイライン経由がいいですよ、って書いてありますね。
 
シャボテン公園のオフィシャルサイトは、かなりいい感じで情報が掲載してありますね。

 - お出かけ先レビュー

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

日本科学未来館の駐車場、ランチのレストラン、自動販売機、アクセスの情報まとめ
日本科学未来館の駐車場、ランチのレストラン、自動販売機、アクセスの情報まとめ

日本科学未来館は元宇宙飛行士の毛利衛さんが館長の見ごたえある科学館。この記事では、アクセス(交通手段)、駐車場、カフェ、レストラン、自動販売機などの付帯施設についてお伝えする。

横浜フィッシングピアーズの大黒ふ頭海釣り施設はレンタル竿、駐車場完備

横浜大黒ふ頭にある海づり施設の紹介。売店にはレンタル竿やエサ、仕掛けが売られていて手ぶらで行っても本格的な海づりが楽しめる。駐車場も完備。バスでも行ける。

としまえんフィッシングエリアの釣り堀で手ぶらでニジマスを釣って焼き場で食べよう

としまえんにある食べられる魚を釣る釣り堀のご紹介。釣り竿もレンタルできて手ぶらで行ける。ルアーやフライフィッシュもできて50cmを超える大型魚も釣れる!

平和の森公園(平和島)フィールドアスレチックは本格的で格安の施設・駐車場もある

大田区の平和島にある平和の森公園フィールドアスレチックは自治体が設置した施設なのでリーズナブル!でも、小学生以上が対象なのでサイズは大きめで本格的!

ソニー・エクスプローラサイエンスで最先端技術を体験しよう!駐車場情報も

ソニーが提供する最先端科学技術をゲームを通して楽しく体験しながら理解を深めていくミュージアムがエクスプローラサイエンスです。

パスタが絶品!ガラスの森美術館・ベネチア調の庭園・バリアフリーゼロ

子供向けの施設ではありませんが子供が楽しめるスタンプラリーもあり女の子なら楽しめるでしょう。レストランのパスタは美味しいので行くなら食べてみる価値があります。

いずみ台公園こどもログハウスは未就学児、小学生の遊び場・駐車場情報も

相鉄線いずみ野駅にあるいずみ台公園こどもログハウスは未就学児、小学校低学年の子供が屋内で思いっきり遊ぶための施設。屋内なので安心して遊べます。しかも全部無料。

三菱みなとみらい技術館は体験型にリニューアル。駐車場完備で混雑は少ないの穴場スポット。
三菱みなとみらい技術館は体験型にリニューアル。駐車場完備で混雑は少ないの穴場スポット。

三菱重工の企業広報の科学館。自社の技術、事業領域の紹介をしながら、航空、宇宙、深海、エネルギーなどの一般知識も深まる仕組みも。今年もリニューアルされ、より遊んで学べる体験型の施設に!

no image
日刊スポーツ主催/神宮外苑花火大会 レビュー

 

USJのエクスプレスパスは必要か?ディズニーランドの待ち時間と比較し検証
USJのエクスプレスパスは必要か?ディズニーランドの待ち時間と比較し検証

USJのエクスプレスパスは必要か?東京ディズニーランドと比較するとTDLの方が遙かに並ぶ時間は長い。それでもアトラクションを中心に楽しみたいならエクスプレスパスを買う方がいいかも。