珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。

「がすってな~に?」ガスの科学館・レビュー

      2017/03/05

「がすってな~に?」ガスの科学館のオススメ度は、4.0!
 
 「がすってな~に?」ガスの科学館
 http://www.gas-kagakukan.com/
 
 場所:東京都江東区豊洲6-1-1
    東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ「豊洲駅」から徒歩で 6分
 
 料金:無料
 
 開場時間:09:30~17:00(入館は 16:30まで。)
 
 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休館。年末年始。)
 
 駐車場:40台(無料)
 
 
東京ガスが運営しているガスに関する展示がしてある科学館です。
親としては毎週行くほど楽しい場所とは思えないのですが、うちの娘にとってはすごく楽しい場所のようで、毎週のように「行こう!」「行きたい!」と言われます。
他の科学館のような場所にはいない 3人のマスコットキャラクター、プカ、ポカ、ピカがいることが興味を引かれる一つのポイントのようですね。
 
他の科学館の運営、広報をされている方、子供の興味を引くポイントはそういうところのようです。参考にしてみてはいかがでしょうか?
 
 
さて、ガスの科学館ですが、駐車場はあまり多くの台数が止められるわけではありませんが、車では 3回ほど行きましたが一度も満杯で止められないと言うことはありませんでした。
ただ、こちらの駐車場は無料ですので気軽に車で行けますが、隣のショッピングセンター・ららぽーとの客が車を止めないように、駐車場の入り口には警備員が立っており、ガスの科学館に来た客かどうかの確認がなされています。
 
電車で行く場合は、有楽町線の豊洲駅から徒歩 6分ほどで着きますので、電車で行くのにも大変さはほとんどないでしょう。
 
 
科学館内部の展示内容は、ガスをに関連する展示がしてあります。当たり前ですが。
 
入り口は行ってすぐの大きな気球は、ガスの炎で暖められた空気で飛んでいく仕掛けで、最初の展示物として期待を高めてくれるものです。
 
展示フロアは 1階、2階と 1階のガスギャラリー、クイズホールとあります。
 
展示物にはガスがどういうところで使われているか、どういう製品があるかと言った内容や、ガスを LNGと言う形で輸入する際にどのように処理が行われているのか、と言ったものが展示されています。
また、クイズホールではガスに関するクイズが行われていたり、実験スタジオでは実験をしながらガスに絡んでの勉強ができたり、盛りだくさんな内容です。
 
1日遊ぶほどいろいろあるわけではありませんが、3時間、4時間ほどは遊べますので、お昼ご飯を食べてから夕方までは十分に遊べるでしょう。
 
 
また、ガスの科学館の方が見ると怒られるかもしれませんが、ガスの科学館には結構広い休憩スペースがありまして、隣の区立豊洲公園にお弁当を持ってお遊びに来て、お昼を食べるときはガスの科学館の休憩スペースで食事をする、と言う使い方もあるんじゃないかと思います。
冷暖房完備で、飲み物の自動販売機もあり、ゆったり座ってくつろげますので、かなりポイント高いですね。
 
ただ、ガスの科学館自体にはレストランやカフェなどはありませんので(軽食の自動販売機はありますが)、食べるものはどこかで調達してくる必要があるでしょう。
 
たぶん、2012年にららぽーと豊洲のフロアのリニューアルがあって、1階の区立豊洲公園側にもフードコードが新設されましたが、公園やガスの科学館に来た方々に対しても食事を提供するためのものだったのだと思いますね。
それによって、公園で遊ぶ方やガスの科学館で遊ぶ方にも便利に食事をすることができるようになりましたので、食べるものをそこで調達して、ガスの科学館まで移動してきてゆっくり食事をし、午後からはガスの科学館の展示を見て回るという感じもいいのではないでしょうか。
 
ちなみに、区立豊洲公園については下記に書いています。
 
 区立豊洲公園(ゆりかもめ)
 http://papataro.s-se.info/224
 
 

ららぽーと豊洲とガスの科学館と豊洲公園

 
ららぽーと豊洲にはよく行きますので、ららぽーと豊洲、豊洲公園、ガスの科学館と何度となく記事を書いていますので、周りはこんな感じ、と言う事で合わせて参考にしてください!
 
ガスの科学館・がすてな~には豊洲にある東京ガスのミュージアム。駐車場情報も。
ららぽーと豊洲とガスの科学館に隣接する江東区立豊洲公園&都立春海橋公園
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド・リニューアル後
ららぽーと豊洲...の南側にある区立豊洲公園
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド

 - お出かけ先レビュー

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
ボーネルンド・キドキド(KID-O-KID)・レビュー

 

レインボープールin昭和記念公園・2019年版・駐車場事情と前売り割引券の効果
レインボープールin昭和記念公園・2019年版・駐車場事情と前売り割引券の効果

2019年の昭和記念公園のレインボープールレビュー。昨年と違う点はプール内でのスマホ、デジカメでの撮影が明確に禁止に。インスタ映えを狙った撮影は全く出来なくいので注意が必要。

いずみ台公園こどもログハウスは未就学児、小学生の遊び場・駐車場情報も

相鉄線いずみ野駅にあるいずみ台公園こどもログハウスは未就学児、小学校低学年の子供が屋内で思いっきり遊ぶための施設。屋内なので安心して遊べます。しかも全部無料。

01_東京ドームシティ・宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)
東京ドームシティ・宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)は口コミ以上の面白さ

東京ドームシティにある宇宙をテーマにしたミュージアム。本物の東大の研究室が館内にあり、宇宙研究を目の当たりにできるエリアと宇宙をイメージできるアトラクションエリアとがある。

昭和記念公園のレインボープール2016年駐車場情報と割引チケット情報

昭和記念公園のレインボープールの2016年版のレビュー。2015年までとの違いを中心にレビュー。新たにウォータースライダーや西立川口のからくり装置等を追加。

新宿区立新宿中央公園のジャブジャブ池レビュー2017年版

東京都庁の西側に隣接する公園。新宿区立の最大の公園(区内で4番目に大きな緑地)の広さを活かしたジャブジャブ池が設置されています。小学生低学年まで利用可。

レインボープール(昭和記念公園内)2017年版情報のまとめ・駐車場詳細情報も
レインボープール(昭和記念公園内)2017年版情報のまとめ・駐車場詳細情報も

2017年もレインボープールの季節!今年も早速行ってきてレポートしてます!駐車場の情報、割引チケット情報、スライダープールの待ち時間、場所取り情報、売店情報、新型ロッカー、空いてるエアーコンプレッサー情報、並ばずに入る裏技まで掲載!

足柄SA(サービスエリア)のレストイン時之栖・足柄金時湯は東京に一番近いSAの温泉

東名高速上り線の足柄サービスエリアにあるレストイン時之栖・足柄金時湯。SAで入れる貴重な温泉。全般に狭くて熱くて子供には辛いのでわざわざ目指さなくてもいい感じ。

伊豆高原のふれあい動物園伊豆シャボテン公園はサボテンだけじゃない!1日遊べる

伊東駅から南に 8Kmほどの場所にあるシャボテン公園。放し飼いにされている動物にふれあったり動物のショーがあったり、シャボテン狩りがあったり!

横浜フィッシングピアーズの磯子、大黒ふ頭、本牧ふ頭の釣果と施設の比較のまとめ

横浜フィッシングピアーズの海づり施設は3ヵ所。どんな特徴がありどこに行くと一番満足できるのかを比較。釣果情報もエクセルにまとめいつ何が釣れたのかも一覧可能。