珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。


アソビルは横浜駅直結の貴重な大人も子どもも楽しめるレジャー施設が集合したビル

      2019/06/12

アソビルのオススメ度は、3.5!

 

アソビルの基本情報

 
【アソビル】
https://asobuild.com/
 
【交通機関】
JR東海道本線、横須賀線、湘南新宿ライン、京浜東北線・根岸線、横浜線
 「横浜駅」東口 徒歩 2分
東急東横線
 「横浜駅」東口 徒歩 2分
横浜高速鉄道・みなとみらい線
 「横浜駅」東口 徒歩 2分
京浜急行
 「横浜駅」東口 徒歩 2分
相鉄線
 「横浜駅」東口 徒歩 2分
横浜市営交通・市営地下鉄ブルーライン
 「横浜駅」東口 徒歩 2分
 
【住所】
神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル
 
【地図】
https://goo.gl/maps/Yj9p9gMPCkW9W4Jm7(Google Maps)
 
【料金】
各施設ごとに異なる
 
【駐車場】
なし
 
【開場時間】
R階:07:00~23:00
4階:10:00~19:30(18:00受付終了)
3階:10:00~19:00(土日祝日は 21:00まで)
2階:10:00~22:00
1階:11:00~24:00(飲食店フロア。LOは店舗により異なる)
1階:11:00~21:00(インフォメーション営業時間)
 
【休園日】
なし
 
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」のフロア案内看板
 

アソビルとは?

 
横浜駅東口から地上に出てすぐのところにある横浜中央郵便局の別館として集配業務を行っていた建物を改装して出来た建物で、2019年3月15日にオープンした多様なレジャー施設が入居する複合レジャー施設です。
 
1階は、飲食店のフロアです。
 
2階は、「うんこミュージアム YOKOHAMA」や、キングコングの西野亮廣さんが描いた「えんとつ町のプペル」の VR、リアル脱出ゲームなどの体験型のアトラクションがあるフロアです。
すべてのアトラクションが数ヶ月という期間限定のもので、定期的に提供される内容が変わっていきます。
 
3階は、毎日に行われているハンドメイド体験フロアです。
陶芸やアクセサリー、革製品、木工など多様なものづくりの教室が一堂に会していましています。数多くの教室の中から好みのものづくりが行えます。
 
4階は、子どものためのテーマパークのフロアです。
「PuChu!(プチュウ)」という宇宙をイメージした屋内型のキッズテーマパークで、子どもが身体を使って思いっきり遊べる施設です。
 
屋上は、フットサル、バスケットボールのコートがあり、フットサル、バスケットボールを始め、3 on 3、キックターゲット、ストラックアウトなどのスポーツが出来ます。
 
館内すべてが思いっきり楽しむためのビルになっています!
みなとみらい駅周辺と違って、横浜駅の近隣はレジャー施設が少ないので嬉しいスポットになるでしょう。
 
 

アソビルへのアクセス方法

 
アソビルは、横浜駅にほぼ直結している新しく出来たレジャー施設です。
 
横浜には、私は 3年ほど住んでいましたし、妻の地元でもあるので、今でも定期的に行く場所なのですが、「アソビル」がある場所はピンときませんでした。
 
「アソビル」自体が出来たばかりと言うこともさることながら、そもそも横浜駅の東口は、ポルタやそごうに行くことはあっても地上に出ることはほぼありませんでしたので、東口側の地上は未知の場所でもありました。
 
しかも、「アソビル」はもともと横浜中央郵便局の別館として集配業務を行っていた建物で、その建物を改装してレジャー施設として提供しているもので、新しく出来た建物でもありません。
 
そんなこんなで、あまり目立つ建物でもないので、ピンときませんでした。
 
 

アソビルへの具体的な行き方

 
では、具体的な行き方です。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」への道順・横浜駅東口のポルタに行く階段
 
横浜駅東口のポルタに行くための階段、上の写真の階段を下る前のところを右に曲がります。(階段は下りません。)
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」への道順・ポルタに行く下りの階段の前を右に曲がる
 
右の方を向くと上の写真のような場所になります
 
この道 20mほど行ったところの左にある階段を登ると地上に出ます。
地上に出て右に向くと「横浜中央郵便局」があります。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」への道順・横浜中央郵便局の右側にある通路を通っていく
 
「アソビル」は、横浜中央郵便局の右側の裏辺りに当たる場所にあります。
そのため、「アソビル」には横浜中央郵便局の右側に作られた細い通路を通っていきます。
上記の写真右側の端っこにあるのが入り口です。
その通路は結構狭いため、左側通行となっています。左側通行を守って並んで向かいましょう。
 
横浜駅のみなみ東口通路直通から行くと一応直結しているようですが、多くの方が行くであろう横浜駅東口(ポルタの入り口を経由して行く道)からでは直結していません。ちょっとだけ地上を通ります。
 
そもそも、横浜駅は非常に大きいですし、人も多いので、電車を降りてから改札口を出るまで、改札口を出てから駅を出るまでも結構な時間がかかります。
なので、「横浜駅東口から徒歩 2分」と書かれていても、東横線だと電車を降りてから東口まで 10分くらいかかります...
 
横浜駅は利用者が多くていつも混雑していますからねぇ...
 
 

アソビルの 2階。期間限定のアトラクションフロア

 
2階は、期間限定のアトラクション、テーマパークが提供されているフロアです。
 
アソビル 2階
https://ale-box.com/
 
アトラクションごとに部屋が分かれており、複数のアトラクション、テーマパークがあります。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の2階。うんこミュージアムの入場を待つ列
 
これが「うんこミュージアム」の列。列の左側が「うんこミュージアム」です。
「うんこミュージアム」については「うんこミュージアム YOKOHAMAのうんこシャウトで高得点を出すコツを紹介」に詳細な記事を書いていますので、こちらを参考にしてください。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の2階の通路
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の2階の通路
 
通路を進んでいくとこんな感じです。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の2階の体験型ショートシネマギャラリー『THE STORY HOTEL』
 
体験型ショートシネマギャラリー『THE STORY HOTEL』。
https://ale-box.com/topics/129/
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の2階のリアル謎解きのポスト
 
リアル謎解き。
リアル謎解きは、結構な短期間で新しいストーリーに入れ替わっていっているようですので、何度行っても楽しめそうです!
 
 

アソビルの 3階。ハンドメイド体験フロア

 
3階は、ハンドメイド体験フロアです。
 
アソビル 3階
https://monotory.me/
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階はハンドメイド教室(ワークショップ)
 
陶芸やアクセサリー、革製品、木工、キャンドルアートなど多様なワークショップ(ものづくりの教室)が開催されています。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階のワークショップの教室
 
多くの教室用の部屋が用意されており、部屋ごとに、時間ごとにいろいろなワークショップが開かれています。
 
陶芸などの人気がある教室の場合、土日は 3時間待ち、4時間待ちという教室もあるようですが、タイミングがあえば待ち時間なしで始められる教室もあります。
1つの教室の作品製作が完成するまでの時間はどういう教室に参加するかによって大きく異なります。
 
子ども向けのアクセサリー製作などであれば 30分ほどで終わるものもありますし、1時間以上かかるものもあります。
 
娘は、レジンのアクセサリー製作をやりました。
通常は 30分くらいで完成するのですが、娘は何度かやり直しをしたので 1時間半くらいかかりましたが、先生は時間が長くなっても優しく対応してくれました。
あんまり混んでいない時間だったのが幸いでした。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階の全体の雰囲気
 
3階の全体のイメージは上記のような感じです。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階のショップエリア
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階のショップエリア
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階のショップエリア
 
また、ハンドメイドの教室で習ったことを改めて自宅でもやりたい、と思った場合はすぐにいろいろなアイテムを購入していけるようにもなっています。
 
また、販売されているアイテムも開催されている教室に合わせて多彩ですので、何か作ってみたい、と思っているならふらっと立ち寄ってみるのも良さそうです。
この中からなにかピンと来るものがあるかも知れません。
 
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階のディズニーが提供するプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」の無料体験コーナー
 
ディズニーが提供するプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」の無料体験コーナーもありました。
 
ディズニープログラミング学習教材 テクノロジア魔法学校
https://www.technologia-schoolofmagic.jp/
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の3階のディズニーが提供するプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」の無料体験コーナーの実際の画面
 
「テクノロジア魔法学校」では、ビジュアル言語の「Scratch」等ではなく、HTML、CSS、JavaScriptが学べる教材ですので、基本的な Webサイトを構築する技術が身につきます。
実用的な技術を学ぶためのツールとして有益だと感じました。
 
 

アソビルの屋上はバスケットコートとフットサルコート

 
アソビルの屋上は、バスケットコートとフットサルコートがあります。
 
アソビル 屋上フロア
https://sports.asobuild.com/
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の屋上のバスケットボールコート
 
バスケットコートとフットサルコートを利用して、バスケット、フットサルを始め、3 on 3や、キックターゲット、ストラックアウトなどが出来るようになっています。
 
コートを利用したい方は、4階に受付がありますので、そこで申込みをします。
 
ボールやシューズ、ウェアなどのレンタルもありますので、気軽に立ち寄れる場所に名手います。
 
平日の日中はスクールが開催されていますので、そこに参加する方法もあるようです。
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の屋上からのながめ
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の屋上からのながめ
 
屋上からは他ではあまり見ることが出来ないような横浜の風景を見ることが出来ます。
 
 

アソビルの 4階。キッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ)」

 
4階は、子どものためのテーマパークのフロアです。
「PuChu!(プチュウ)」という宇宙をイメージした屋内型のキッズテーマパークで、子どもが身体を使って思いっきり遊べる施設です。
 
アソビル 4階
https://pu-chu.com/
 
4階は専用のエレベーターでしか行けませんので、どんなところなのか分かりませんでした。残念!
 
 

アソビルの 1階。レストラン街とチケット販売所

 
1階は、レストラン街とチケット販売所があります。
 
アソビル 1階
https://asobuild.com/floor/1f/
 
アソビル レストラン一覧
https://asobuild.com/shops/?shop-category=restaurants
 
横浜駅直結の新設レジャー施設「アソビル」の1階のレストラン街
 
レストラン街とは言うものの、全体のイメージは屋台が集まった感じです。
レストラン街自体が出来て間がないので、全体的に清潔なイメージがあり、食事をするところとしては非常に安心できます。
 
ただ、お客さんの入りは、店によって差が激しい感じがします。
 
横浜で人気のラーメン店「煮干蕎麦 by 丿貫」が 5月11日にオープンしたばかりだったこともありまして、大行列が出来ていました。
 
ですが、ほぼ人が入っていないお店もありましたので、この店大丈夫だろうか、と言う気持ちになりました。
 
 
その中で私たちが選んだのは「海鮮とせんべろ 呑りすけ」という海鮮丼のお店。
魚卵好きの娘が「いくらが食べたい!」と言ったので。
 
海鮮とせんべろ 呑りすけ
http://norisuke.yokohama/
 
「千べろの店(千円でべろべろになれるほど飲めるお店)」として売っている感じだったことと、料理の種類も少なくて、パッと見た感じではいくら丼かサーモン丼くらいしかなかったのであんまり期待はしていませんでした。
しかも、丼ものは 1,500円前後しましたので、リーズナブルとは言いがたい価格帯でしたし。
 
 
ですが、食べてみてビックリっ!!!
「炙りサーモン丼」は絶品でした!
 
「いくらと鮭の親子丼」「炙りサーモン丼」「いくらサーモン丼」を頼んだんですが、とにかく鮭が美味しい!
もちろん「いくら」も美味しかったんですが、いくらがどうだったか忘れちゃうくらい鮭が美味しかったですね。
 
是非とも一度食べてみてくださいっ!!!って言いたくなる美味しさでした。
 
あと、丼ものには「鯛茶漬け」か「鯛めし」が付いてきます。
ご飯ものにご飯ものが追加されても食べられるんだろうか、と思っていましたが、美味しければ入るんですね!
鯛茶漬けも美味しかったので、さらっと食べきってしまいました。
 
結果的にはお値段含めて大満足でした。
 
 

アソビルのまとめ

 
横浜駅の周辺には遊ぶ場所があまり多くないこともありまして、横浜駅直結の場所に大人も子どもも遊べる場所が出来た!ということは凄く有意義なことだと思います。
 
実際問題として、これまではみなとみらいまで行くことは多々ありましたが、横浜で遊ぶことは少なかったのですが、横浜駅で降りてみようかな、思うようになりました。
 
ただ、2階のアトラクションエリアは予約がいっぱいのアトラクションもありますが、3階はガラガラだったりしてましたので、まだまだアナウンスが必要なんだと思います。
 
これからさらに盛り上がっていくのではないか、と思います。

 - お出かけ先レビュー

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

日本科学未来館の駐車場、ランチのレストラン、自動販売機、アクセスの情報まとめ
日本科学未来館の駐車場、ランチのレストラン、自動販売機、アクセスの情報まとめ

日本科学未来館は元宇宙飛行士の毛利衛さんが館長の見ごたえある科学館。この記事では、アクセス(交通手段)、駐車場、カフェ、レストラン、自動販売機などの付帯施設についてお伝えする。

ローラースケートでダイエット!東京ドームシティ・ローラースケートアリーナ

東京ドームシティにあるローラースケートアリーナに行って来ました。レンタルシューズもありますし、子供はよく転びますけども転んでも濡れないところが安心感があるみたいですね。

エプソンアクアパーク品川はイルカのショーが人気・駐車場も完備

品川駅の目の前にある品川プリンスホテル内にある水族館、アクアパーク品川。デート向けにアミューズメント性を高めたスポットで大人向けの雰囲気作りがされています。

フォレストアドベンチャー箱根は大人も楽しめるアスレチック。箱根の新名所

フォレストアドベンチャーという木々の中に設置されたアスレチックです。子供用のコースもありますが、大人が楽しむために子どもと一緒に行く感じのアトラクションです。

no image
ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド

2012年10月にリニューアルされたリニューアル後のららぽーと豊洲のアドベンチャーランドのページへのリンクも書いています。料金情報も書いています。 

新宿区立新宿中央公園のフットサルコートは西新宿唯一

東京都庁の西側に隣接する公園。新宿区立の最大の公園(区内で4番目に大きな緑地)の広さを活かして西新宿で唯一となるフットサルコートが設置されています。

すみだ水族館は都市型水族館でペンギン水槽が人気。駐車場はあるが電車が便利

東京スカイツリーがあるソラマチにあるすみだ水族館。都市型のコンパクトな水族館ですが、特徴ある展示内容で家族連れでもデートでも楽しめる施設です。

ボーネルンドあそびのせかい・キドキドグランツリー武蔵小杉店は冬でも雨でも遊べる武蔵小杉の屋内レジャー施設

ボーネルンド社が提供する屋内型の子どもが思いっきり身体を動かして遊ぶレジャー施設キドキド。屋内型なので真夏でも真冬でも雨が降っていても気にせず遊べる。

01_東京ドームシティ・宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)
東京ドームシティ・宇宙ミュージアム TeNQ(テンキュー)は口コミ以上の面白さ

東京ドームシティにある宇宙をテーマにしたミュージアム。本物の東大の研究室が館内にあり、宇宙研究を目の当たりにできるエリアと宇宙をイメージできるアトラクションエリアとがある。

no image
横浜 こどもの国レビュー