珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。

日刊スポーツ主催/神宮外苑花火大会 レビュー

      2017/04/29

毎年、神宮外苑で 8月に行われている花火大会です。
都心の真ん中で見られる貴重な花火大会の一つですね。
 
5年ほど前から行くようになった花火大会ですが、今年は、開催日が土曜日であり、よく行く他の花火大会が中止になっていたことなどもあり、初めて有料のチケットを買って見に行きました。
 
 神宮外苑花火大会
 http://jinguhanabi.nikkansports.com/
 
 wiki
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%A4%96%E8%8B%91%E8%8A%B1%E7%81%AB%E5%A4%A7%E4%BC%9A
 
 
オススメ度は、3.5!
 
 
 場所:神宮球場、国立競技場、秩父宮ラグビー場、神宮軟式球場
 
 打上時間:19:00~20:00
 
 費用:2000円~(会場によって異なる)
 
 
まずチケット。
今回僕たちが買ったのは、自由席の軟式球場。大人 1人 2,000円。子供は 3歳まで無料。
他の会場は、座席指定で、4,200円~。
 
発売開始されたのがいつだか分かりませんが、7月の中旬頃はどこの会場もチケットを買うことができましたが、7月下旬になって実際に買おうとしたときは、すでに軟式球場の自由席と秩父宮ラグビー場しか買えなくなっていました。
(ちなみに、軟式球場の自由席は当日券も発売されていましたね。)
 
そのため、迷ったあげく、花火の打ち上げ会場である神宮第二球場により近い軟式球場を選びました。
チケット代はさることながら、軟式球場は自由席のため、炎天下の中で子供と一緒に場所取りをする必要があるのだろうかと、そのことがすごく気になっていた点でした。
 
ただ、今年はこの花火大会以外行けそうなものがないため、近くで見える軟式球場を選択しました。
 
 
さてさて、軟式球場ですが、自由席のため、いい席を確保するにはやはり早く行く必要があります。
 
会場はいつもは野球場のため、内野は土で、外野は芝生です。
17:00に会場に着いたのですが、芝生の部分はおおよそすでに確保されており、土の部分にはまだ余裕がある、という感じでした。
 
芝生の席も全く空きがないわけではなく、2人分のスペースであれば、周りの方にちょっとずつずれてもらいながら空いたスペースに入り込むようにすればまだまだ入れる余裕はありましたね。
見ていた感じでは、18:00になる前まではそんな感じで何とか入り込めそうな感じでしたね。
 
ただ、それをすぎると、一気に人が増えてきて、通路の一部も埋まっていっているような状況でしたので、リミットは 18:00と考えた方が良さそうです。
今回は土曜日でしたので、平日開催の時も同じかどうかは分かりませんが。
 
また、2人なら何とか空いたスペースを確保できると思いますが、4人とか、6人とか、大人数で行く場合は、17:00頃には着いていないと場所の確保は難しいと思われます。
 
また、軟式球場の席ですが、入場口で 1m四方くらいのシートを渡されますので、それを敷いて座ることになります。
また、それ以外のシートを敷くことは禁止となっているため、それ以上の広さを確保することもできません。
大人数で行く場合は、人数がそろって会場に向かわないと、先に行って場所取りをする方がかわいそうなことになるでしょう。
 
 
会場ですが、去年までは他の会場と同じく、ステージがありゲストが盛り上げてくれたそうですが、今年は、大型スクリーンが設置され、メイン会場の映像が流れていただけで、特にゲストは来ていませんでしたね。
 
また、出店などはそれなりに出ていましたが、18:00を過ぎる頃には並んで買おうという気にはならないほどにどこのお店もすごい行列でした。
食べ物、飲み物は、会場に着く途中のどこかで調達をすることをお勧めしますね。
 
トイレも設置されてはいますが、ご多分に漏れずこちらもすごい行列なので、なるべく行かなくてすむように準備が必要でしょう。
 
 
さて、花火ですが、軟式球場は、道路を挟んだすぐ向かいの神宮第二球場からあがるため、非常に迫力がある近さで見ることができます。席にもよるでしょうけども、神宮球場より近くで見ることができるでしょう。
 
ただ、都心の真ん中で行われている花火大会だからだと思いますが、若干音も大きさも押さえ気味の花火が多いような印象があり、音の迫力が楽しくて花火を見に行っている僕としてはやや物足りなさを感じる花火大会ではありましたね。
もしかすると、今年は予算の都合でよけいに押さえ気味だったのかもしれませんが...
 
 
 
今回は土曜日ということもあったのだと思いますが、会場周辺は、僕たちが移動していた 16:00台の時間でも座れそうな場所にはすでに場所取りがされていて、18:00頃に「そろそろ花火が上がるそうだから行ってみようか」といって出かけたのでは絶対に座って見ることはできないでしょう。
 
去年までの僕たちがそうでしたが、1時間立って花火を見るのは結構辛いものがあります。
子供を連れていると、子供を抱っこするか、肩車をする必要もあるため、よけいに大変だと思います。
しかも、神宮外苑の周辺は街路樹がしっかりと整備されているため、近くなればなるほど会場以外から花火をきれいに見られるポイントが少ないのも難点であるでしょう。
 
3時間、4時間も前から場所取りをするくらいなら、2,000円で軟式球場のチケットを買って会場で見る方をオススメですね!
 
 
最後に、ソフトバンクのケータイは使えませんでした。
18:00頃に確認したところ、その時間ですでにソフトバンクは電話をかけることができませんでした。Webもものすごくレスポンスが悪く、電波状況の悪さを改めて実感することになりましたね。
妻のドコモのケータイは全く問題なく通話できましたが。
 
昨年は、いつも行っている江戸川区の花火大会で同じような状況であり、人が多く集まる場所での電波状況の悪さは目を覆いたくなるものがありますね。
 
ちなみに、そんな状況だったわけですけども、帰り道にはソフトバンクの移動基地局の車が止まっていたのを見かけてびっくりしましたね。
移動基地局の車を出してもこれか、と。
 
まぁ、iPhoneユーザを始めとして、スマホユーザの層と花火に来る層とが非常にマッチしていて、余計に電波状況の悪化に拍車をかけた可能性はあるでしょうけどね。


 

 - お出かけ先レビュー

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

としまえんフィッシングエリアの釣り堀で手ぶらでニジマスを釣って焼き場で食べよう

としまえんにある食べられる魚を釣る釣り堀のご紹介。釣り竿もレンタルできて手ぶらで行ける。ルアーやフライフィッシュもできて50cmを超える大型魚も釣れる!

横浜みなとみらいにピカチュウが大量発生チュウ!今度はぬれるんだって???

今年もみなとみらいではピカチュウ大量発生イベントが開催!みなとみらい一帯の施設で同時に開催されるイベントで街中ピカチュウ一色。見渡す限り黄色一色!

お得にとしまえんを楽しむ方法・ヤフオクやチケットショップへ!

としまえんのフリーパスの目標価格1200円。お得にチケットをゲットしてお得に1日遊びましょう。狙い目は2月、5月、11月。そのワケは?

横浜こどもの国・牧場も子供動物園も。青葉台駅からバスも。弾薬庫跡も

横浜にあるこどもの国のご紹介。多様な遊具があり1日遊んでも遊び尽くせないまさにこどもの国。今回は牧場、子供動物園、新設されたキュービックランドを中心に紹介。

no image
カップヌードルミュージアム・レビュー

 

からだのひみつ大冒険DXはきたないもの学との合体版・幕張メッセの駐車場情報

夏休みに幕張で開催される「からだのひみつ大冒険DX」のレビュー。毎年行われているイベントで基本的に内容は変わっていません。親と子で印象が全く違うイベントです。

スタジオアリスは危険?七五三の記念写真で平均単価は5万円

七五三の記念撮影をスタジオアリスで撮りました。最大のメリットはリーズナブルな点。衣装も着付けも髪のセットも料金に含まれる点です。着物を借りてくる必要もありません。

「なるさわ富士山博物館」がある「道の駅なるさわ」

中央道の河口湖ICを降りてすぐにある道の駅なるさわの紹介。天気が良ければ目の前に雄大な富士山を望める場所で食事と休憩ができ、無料の富士山博物館もあります。

横浜フィッシングピアーズの大黒ふ頭海釣り施設はレンタル竿、駐車場完備

横浜大黒ふ頭にある海づり施設の紹介。売店にはレンタル竿やエサ、仕掛けが売られていて手ぶらで行っても本格的な海づりが楽しめる。駐車場も完備。バスでも行ける。

フォレストアドベンチャー箱根は大人も楽しめるアスレチック。箱根の新名所

フォレストアドベンチャーという木々の中に設置されたアスレチックです。子供用のコースもありますが、大人が楽しむために子どもと一緒に行く感じのアトラクションです。