珍獣が我が家へ・子供の成長絵日記

子育て絵日記から始まって、現在は子供とお出かけしたレジャースポットを中心に子育てに役に立つ情報や便利になる商品情報などを提供しています。

ママさんぽ Vol.3―ママも楽しい親子のお出かけ応援マガジン(散歩の達人MOOK)

      2014/07/29

今日は、本を紹介させていただきます。
 


 
 
子供を連れておでかけする際に便利な本として、「るるぶ」「マップル」「ぴあ」などのレジャー情報誌がありまして、我が家にも 1冊ありましておでかけするときにすごく重宝しています。
 
そんなわけで、そんな本が 1冊あると便利なわけですが、今回紹介する本は、そんなレジャー情報誌にはあんまり載っていないくらいメジャーじゃない室内のおでかけスポットなんです。
 
 
 ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド
 http://papataro.s-se.info/223
 
この本を発見したのは、去年の 10月に紹介した上記の「ららぽーと豊洲・アドベンチャーアイランド」に、先週また行ったときにそこにおいてあったからなんですが、アドベンチャーアイランドのように雨の日、冬の寒い時期でも室内で遊べて子供が満足できるスポット!が 50箇所も掲載されているんですよね。
(アドベンチャーアイランドも紹介されていて、その紹介をするために置いてあったものですが。)
 
冬の間は寒いこともあって、なかなか外のレジャー施設へは遊びに行くのが大変なわけですが、るるぶなどのレジャー情報誌に載っているのはメジャーな施設が多いので、得てして屋外の大型の施設が多いわけです。
もしくは、室内の施設であっても科学館や博物館、水族館と言った、小学校に入ってくらいからが楽しめる場所が多く、幼稚園児や幼稚園に入る前の子供が遊んで楽しめる場所って言うのはあまり載っていないワケなんです。
 
ですが、今回紹介させていただいた本には、まさにうちの家族が求めていた、幼稚園に入る前の子供が寒い冬の間でも体を動かして、遊べる場所がいっぱい載っていましたので、「おぉ!!これこそまさに探していた本!」っていう感じがしましたね。
 
子供にとっては、遠くまで出かけることよりも、大きなレジャー施設に行くよりも、どれくらい自分が楽しめたかって言うことの方が大事なことなので、近所であっても自分の好奇心を満足できたらそれで十分なんですよね。
冬の寒い間でもそれをさせてあげられる場所がいっぱい載っているって言うのは嬉しいことでしたね。
 
 
1年くらい前(2011年3月?)に出た本なので Amazonのサイトでは中古しか買えないようですけども、ららぽーと豊洲の紀伊国屋にはまだ 2冊も残っていましたので(3冊ありましたが 1冊は僕が買いましたので)、今問い合わせてもらえれば新品が買えるんじゃないでしょうか。
ちなみに、新品は 880円ですよ。


 

 - 時事情報、ニュースなど

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

下記の空欄を埋めてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

スギ花粉症の治療の舌下免疫療法に使うシダトレンが保険適用へ

スギ花粉症の完治に向けた治療法の舌下免疫療法に使う薬シダトレンが10月8日から保険適用。効果が出るまでに3ヶ月程度かかるため治療開始は11月末ごろまで。

no image
ヨコミネ式の塾が開講 幼児教育に Z会も参入へ

 

ブルータスお前もか!の4コマ漫画2編。カエサルはトランプのダイヤのキング!の話から
ブルータスお前もか!の4コマ漫画2編。カエサルはトランプのダイヤのキング!の話から

「ブルータス、お前もか!」をネタに2本の4コマ漫画を描いた。このネタはNHKの番組「チコちゃんに叱られる」のワンシーン西か出てこなかったブルータスを見て思いついたもの。くだらなさを楽しんでもらえれば!

no image
「予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」」から得られる子育てへの教訓

 

no image
母親と同じベッドで寝た子はグレにくい、近眼を防ぐには「外で過ごす時間を増やす」のが有効

 

大人気 ペダルのない自転車・キックバイク バランスバイク ストライダー 4INGキックバイク ホビーバイク

キックバイクは何を基準に選ぶ?ストライダー、ホビーバイクを始めとするキックして乗る自転車の紹介です。最近は多彩になってきましたが、それぞれメリットデメリットを比較しています。

no image
「予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」」から得られる子育てへの教訓 その2